panf_rhizome_making

 今回制作した株式会社リゾーム様のオブジェ撮影風景です。オブジェをカメラマンさんのスタジオに持ち込んで、位置やライティング、アングル、被写界深度の具合、色のチェックなどいろいろな要素をここで考えつつ撮影しました。

panf_rhizome_thumbnail

さらにもう一つ、普段デザインや制作に関係する方々しか見ないものがあります。上の画像のようなサムネイルもしくは、ラフスケッチです。最近はパソコン上で直接作ることも少なくないんですが、上のようなサムネールをアイディア出しの段階では、まだまだ重宝します。さらに、鉛筆でラフに描いていることによって、初期のイメージを固めすぎずに膨らませることができるという利点もあります。方向が決まりきっていない段階での「スケッチ」は、中に入る要素(コンテンツ)を決める意味でも、とても大切なものだと考えております。