gra_kmf2008
 倉敷市で毎年開催されている、アルスくらしき(倉敷文化振興財団)主催の音楽イベント「倉敷音楽祭」の2008年度PRツールを制作(アートディレクション/デザイン)させていただきました。当初は、コンペ形式での選考となりましたが、弊社の提案する企画内容を最終的に採用していただきました。基本コンセプトは、「市民参加の音楽祭であり、市民の皆様のすぐ近くに音楽はある」というもので、いかにそれをビジュアルとして表現するかという点にアイデアを盛り込んでいます。
 一見すると音楽と関係ないように見える方々、そんな方々でさえも、楽器を持って(描き込んで)ポーズをとる。たったこれだけのことで不思議と音楽家に見えてしまう。という方向からのビジュアル制作をしています。実際、写真に写っていただいた方々で楽器を本格的に演奏される方は少数でした。
 今回のイベントの制作物も秋ごろから始まり、1月現在も製作中です。最終の制作物も2月となりそうですので、今後もいろいろな場面でお目に掛かるかもしれませんね。全体を制作し終えた後に実際には使用されなかった案やCM用のビデオコンテなどもアップしていきたいと思います。

■アートディレクション/藤若典弘(VIF inc.)
■デザイン/藤若典弘(VIF inc.)、ホリベマリ
■クライアント/倉敷文化振興財団
■イラストレーション/ホリベマリ、藤若典弘(VIF inc.)
■編集/Y&Ability