logo_KMFes2008
隔年開催されている、アルスくらしき(倉敷文化振興財団)と倉敷市主催の映像イベント「倉敷映像フェスティバル」の2008年度PRツールを制作(アートディレクション/デザイン)させていただきました。今回は、オフセット印刷の基本2色での印刷ということでのご依頼でしたので、赤(マゼンタ)/黒をセレクトし、デザインを行いました。
基本的には、映画の数カットのみの素材のご提供という内容の中で、どのように「映画」っぽさを表現していくかを考慮して製作しています。誌面右上より、映写機&スクリーンをアイキャッチを兼ねたキービジュアルとし、目線は中心のロゴ兼タイトルへと移動、そのまま左へのデータ/インフォメーションへと誘導するようなレイアウトにしています。
全体が堅くなりすぎないように、ロゴ兼タイトル部分、裏面の見出し部分ほかに使用しているフィルムストリップは、アナログっぽさを少し表現するように、掲載画像では見えにくいですが、ふちの部分をガタガタにしています。

■アートディレクション/藤若典弘(VIF inc.)
■デザイン/藤若典弘(VIF inc.)
■クライアント/倉敷文化振興財団
■編集/内田吉美(U&Ability)