distino kanazawa img
岡山で独自のスタイルでウェディングを展開する「ザ マグリット」。
その「ザ マグリット(グレート・プランニング)」が石川県の金沢に、今までのウェディング業界では考えられないような新たなウェディング施設「Destino(ディスティーノ)」を2007年9月にオープンしました。

コンセプトもウェディング施設という単的なものではなく、『アニバーサリーハウス(記念日を祝う自宅的空間)』という発想で、結婚式だけでなく『結婚記念日』、『家族の誕生記念日』、『父や母に感謝を祝う場』などだけでなく『ホームパーティーの会場』、『歓送迎会』としての利用することもでる、まさに『第2の自宅的空間』と表現にぴったりの施設となっています。

今回弊社がお手伝いさせていた案件は『インパクト』のあるホームページの制作です。

金沢は小京都と呼ばれるほど町並みは美しく、近代と歴史がバランス良く混在する魅力的な街ですが、ウェディング(結婚式)の文化としては『日本的』であり、どちらかといえば『閉鎖的』な土地柄です。その金沢のウェディングに「ディスティーノ」が『新たな風』をおこそうという構想が「ザ マグリット(グレート・プランニング)」様にはありました。

そこでご提案させていただいた内容は、既存の金沢のウェディングとは根本から違うイメージをユーザー(新郎新婦及びその家族)に与えるために、難しい解説や良くありがちな新郎新婦の楽しそうな写真などをメインのイメージとするのではなく、既存のウェディングにはない『ディスティーノの空間』自体を魅せることをメインに考えたためパソコンでホームページ見てもらう際、できるだけ会場の迫力を伝えられるよう、フルフラッシュサイト(フルスクリーン対応)をご提案しました。

とはいっても「ディスティーノ」のコンセプトは重要な要素であるため、この部分は「ディスティーノ」を正しく理解してもらう必要があるため、長い解説調に極力ならない程度に少々掘り下げた内容を掲載してあります。

機能部分では画面中央に表示されてある写真と背景に表示されてある写真は同期しており、通常時の背景写真は「ぼかし」がかかった状態ですが、中央部分の「ウィンドウを隠す」をクリックすると中央部分が隠れて背景の画像の「ぼかし」がなくなり、会場の写真等(料理、風景などもある)を大画面でご覧いただけます。写真のカットもインパクトがあり魅力的なものを使用してあります。

■アートディレクション/藤若誠(VIF inc.)
■デザイン/藤若誠(VIF inc.)
■クライアント/株式会社グレート・プランニング